包茎にも種類があります

包茎の種類は主に3つに分かれています



真性包茎
男性器に常に包皮が被っている状態でもしくは亀頭と包皮が癒着しているため平常時でも皮をめくることが出来ない状態の包茎を一般的に真性包茎と呼んでいます。
亀頭が包皮に常に覆われていることは、亀頭の成長が阻害されてしまうために、いわゆる先細りのペニスになりがちなどのコンプレックスの原因となることよりも、恥垢が溜まりやすく性器が悪臭を放ちやすくなったり細菌の巣窟になる可能性があるなど衛生的な問題や性病になりやすいなどの問題の方が大きいので、遅かれ早かれ治療は必要になります。
なります。

仮性包茎
平常時は包皮が亀頭を覆っていますが手でめくると亀頭を露出することができます。また勃起時も亀頭が露出する。と言うのが一般的な定義かと思い、もっとも多い包茎の種類ですが、正常に近い軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まで色々あり、治療の必要があるのかどうかの判断が難しいのも特徴です。

ただ、平常時は常に包皮が亀頭を覆っているため、日頃のケアを疎かにしてしまうと不衛生になりやすく、包皮と亀頭の間に陰毛が絡まることが原因で傷をつけたり、何らかの要因で炎症を起こしてしまう可能性が多いことあるので、この様な時は包茎そのものを治療することがあります。

カントン包茎
先天的に包皮口が狭い事が特徴です。平常時には亀頭をどうにか露出させることができますが、包皮を無理に翻転させて亀頭を露出させた状態で勃起すると、皮を長時間無理に捲った結果、痛くて元に戻せない場合があるだけでなく、血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こします。
反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、亀頭は赤紫色に腫れるなど、放置しておくとその部分で皮膚が炎症を起こして亀裂を生ずることもあり、激しい痛みを伴うことがあります。最悪の場合壊死に至るので、成長期に合わせて治療することを要します。




ABCクリニック仙台院がお勧めです(TOPページ)

包茎の種類関連コンテンツ

ABCクリニック仙台院は今ではネット広告などによりすっかり有名になりましたが、実際どのような患者が利 ..... >> 続きを読む

ABCクリニック仙台院には県外の秋田や青森、山形、福島などからも包茎治療、EDなど下半身の悩みを ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ

体力に自信あります