EDはどうして起こるのかその要因を探る

ABCクリニック仙台院で増えているEDの患者さんに共通する要因はいまだもってつかみきれませんが
性に対する間違った知識が多くの男性をむしばんでいる可能性は大きいです。

ポルノビデオも雑誌も以前からありましたが、ネット上の無料動画など今ほど氾濫している状態は社会問題化して、内容もエスカレートする一方。もはや規制が追いつかない状態で、何時でも誰でも見ることが出来てしまいます。また、こうしたポルノに見る性行為は非常に偏った現実離れしたものが多い。勃起不全のインポテンツもEDと呼ばれるようになりましたが、直接の原因が精神的な最も大きな要因は性情報・産業の多様化、氾濫と言えるほどの量そのものの多さでしょう。これらが誤った劣等感を産み、EDの要因となる傾向にあります。例えば男優のペニスの大きさであったり、何度も射精できる体力であったりそれを女性の顔にかけたり、ムリな体制で何十分間にも及ぶセックスであったり、その他暴力的な内容などポルノの映像に現れるのは歪められたセックスの姿であって、それを当たり前と思いこんで現実に持ち込もうとすることによって、それが出来ない自分の能力のなさを誤って嘆き、EDに発展するストレスとなるのです。
実際に早漏は時間的な長さの問題ではなく早漏と言う名の病気があるわけでもないのです。
全男性の性器があんなに大きいわけではなく、通常から皮がむけているわけでなくむしろ軽度の仮性包茎なのは普通であって、性に関する義務感や誤った知識はほとんどマイナスに作用してしまいます。
ABCクリニック仙台院を訪れたEDに悩む患者さんは、カウンセリングで始めてこうしたことに気付かされる方が多いはずです。
下半身、とくにEDなどは相談することが出来ないことそのものがストレスなので、ABCクリニック仙台院は手軽に相談できる環境を整えて門戸を開く事が重要です。


ABCクリニック仙台院がお勧めです(TOPページ)

 

サイトマップ

体力に自信あります