EDに効く漢方薬やツボはあるのでしょうか

ABCクリニックの治療は基本西洋医学的なアプローチですが
東洋医学的治療、つまりつぼや漢方薬もEDの治療には役立津ことが知られています。各種の漢方薬・ツボなどこれらは永年の経験に基づいた古来より伝わっているもので現代の西洋医学に基づく治療や医薬とは異なり、効果や因果関係のメカニズムについて科学的な説明はなされておらず、わからないことも多いですが実際東洋医学的治療を行っているクリニックはたくさんあって、効果がある事も確かです。

東洋医学でEDは「 陽萎」と呼ばれます。世界中で昔からこの問題は重要で深刻であり研究の対照でしたので、当時の医学研究の先端であり、それは今も受け継がれ発展を続けているのです。
ところで男性の能力を高めるためのツボは、身体の正中線と言われるお腹や背中の真ん中を中心に左右対称に並んでいます。代表的なものは3つあり、それぞれ「腎兪(じんゆ)」「関元(かんげん)」「陰谷(いんこく)」、などと呼ばれています。
「腎兪(じんゆ)」は、一番下の肋骨の高さで背中の真ん中から7・8センチのところにあって、ここはちょうど腎臓のある場所のすぐ後ろになります。
「関元(かんげん)」は、俗にいう「ヘソ下3寸(9センチ)」と言われる所。
「陰谷(いんこく)」は、足の親指背面の関節の内側にあります。

また、足の親指背面の「太敦(たいとん)」というツボも、性機能を高めると言われています。
一方漢方薬ですが、主に男性機能の低下に効く漢方薬には「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」、「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などが使われています。
即効的な効き目を求めず、身体全体の健康のバランスを整えることw主目的としている漢方薬なので、時間をかけて個人差もさまざまという意味では体質改善の一環として性能力が高まると思うくらいでちょうどいいかもしれません。これらの漢方薬は一般のものと違い街の薬局では扱っていないので、専門医の診断を受けて処方するのがよいと思われます。

ABCクリニック仙台院がお勧めです(TOPページ)


 

サイトマップ

体力に自信あります